2016年11月13日

HSPにおけるサクラエディタの導入方法1

自分のための覚え書き。

最近はゲーム制作にかけられる時間が少なく、その時間を効率よく利用するために、
空き時間を使って自分の書いたスクリプトを読むことが増えてきました。
そこで、以前ブログに書いたように、色分け印刷のできるサクラエディタを利用するようになりました。

これまでは、Le.Antillaで開発を行い、印刷はサクラエディタに切り替えてきましたが、
レイアウトの問題など二度手間にもなるので、少しハードルは高そうでしたが、
サクラエディタでの開発に切り替えることにしました。

そこでまず参考にしたのが、 セルディアさんの「セルディアのゲームブログ 」です。
2月に「サクラエディタをHSPエディタに改造する」という記事を、3回に分けて掲載されています。
この内容に従って導入すると、
  • キーワードの色分け
  • ダブルクリックによるハイライト表示(F3で次を検索、Shift+F3で前に戻る)
  • 新規命令・関数、ラベルのリスト表示
  • 定義場所にへのジャンプ機能(Ctrl + F12でタグファイル作成、F12でジャンプ。Shift+F12で前に戻る)
  • ボタン1つでコンパイル&実行する(F5で実行、オートセーブ)
といった機能が追加できます。
これに加えてTaddiが追加したいと考えたのは、
  • F1ヘルプ対応
  • プリプロセッサおよびマクロの色分け
  • エディタの配色変更(標準エディタに近く、コントラストを低めにした配色)
  • F5実行時にデバッグウインドウを表示
  • 関連ファイルをエクスプローラ表示(選択・編集可能にする)
  • 印刷用と編集用のタイプ別設定
です。

今回は「F1ヘルプ対応」を完成させます。
まずは、PPAマクロの作成です。

---hsphelp.ppa---
begin
 S_ExecCommand('C:\hsp34\hdl.exe '+S_ExpandParameter('$C'),0,'')
end.
---ここまで---

サクラエディタのインストールフォルダ内にmacro用のフォルダを作成し保存します。
なお、HSP3.4をCドライブ直下に置いた場合なので、パスは適宜変更してください。
S_ExecCommandは第3パラメータが省略されていると正常に作動しないので注意が必要です。
保存したら、共通設定>マクロを選択
マクロ名「HSPヘルプ」として、「hsphelp.ppa」を選択、設定。
その後、共通設定>キー割り当て
種別「外部マクロ」、機能「HSPヘルプ」を選択し、キー「F1」を割り当てれば完了。

ちなみに、サクラエディタのMacroについては「Sakura Editor Macro」に記載があります。
参考にしてください。

次回は「F5実行時にデバッグウインドウを表示」を予定しています。
posted by Taddi at 00:30| Comment(0) | サクラエディタ導入

2016年11月01日

「あめとのさま」開発後記。

久しぶりのブログ投稿です。

前回の投稿から1年半が経ちました。

そうか、前回の「Wizard's Pursuer」公開時はツイートと専用ページの立ち上げで力尽きてたんだ・・・。
そりゃこのブログへの投稿方法を探すのにも手間取るわけだ。


ちなみに、HSPコンテストに今年も無事に作品を応募することができました。
13年?連続の皆勤継続です。

本当はHoldall2での参加を年初めには考えていたのですが、
4月〜7月にまったく時間が取れずに早々と断念しました。


そうこうしているうちに9月に入り
“今年のHSPコンテストはどうしようかなぁ〜”
なんて考えていた時に、頼るのはネタ帳。
過去の没アイデア同士を組み合わせて作ったのが「あめとのさま」です。

一つのマスに2つの要素を重ねる(枠とアメ)というアイデアは
もともとパズルゲームのアイデアとして持っていたのですが、
落ちものパズルにするには操作が煩雑になるなどの理由でお蔵入りしていたものです。

それをズーキーパー風にアレンジしたのが今作です。
成り立ち的には「隣接都道府県パズル」に近い感じです。

その流れもあって、ゲームオーバー時に口の悪い殿様が出てくるようにしたので、
「あめとのさま」となりました。
もともとマスに入っている玉はアメである必要はないのですが、
まぁ、見ての通り後付け設定です。

今作の見どころは何と言っても連鎖です。
意識して連鎖を作るというよりも、
より連鎖が起きそうな起点を探し出して、間断なく連鎖を発生させることが重要になります。

そのためには連鎖中に変化していく盤上を把握し、
連鎖の影響を受けていない場所や、連鎖が終わった場所を確認しながら、
次の一手を導き出す必要があります。

この流れを大切にするため、
適度なアニメーションと、邪魔にならない演出に気を配ったつもりです。
また、技術点という要素を加えることで、
やみ雲に手数を増やさせないようにしました。

今のところTaddiの想定では、
三分および無制限モードで8万点後半、三百玉モードで6万点後半がハイスコアの上限になると考えています。
しかし、ハイスコア内では99999点を超えても記録されるので、
良いスコアが出た時には、ぜひ報告していただければと思います。

今後は、もう少し「あめとのさま」に手を加えつつ、
娘のために作っているゲームを完成させたいと思っています。
posted by Taddi at 23:18| Comment(0) | 雑記

2015年05月17日

その1「if文で複数の条件式を満たす場合、なぜか思い通りに動作しない」

正しく書いているはずなのに、うまくいかない。
たぶん仕事や授業でプログラミングを経験してきた人にとっては当たり前のことかもしれませんが、独学でやってくると意外とハマりやすいので忘備録に記しておきます。

まず、うまくいかない例

a=6
b=8
if a&2{dialog "check1"}
if b&8{dialog "check2"}
if (a&2)&(b&8){dialog "check3"}

一つ一つの条件式は正しく動作するのに、つなげるとうまくいかない。


この場合は、以下のようにすると動作します。

a=6
b=8
if a&2{dialog "check1"}
if b&8{dialog "check2"}
if (a&2)=2&(b&8)=8{dialog "check3"}

説明は、その分野の方にお任せします。

タグ:HSP
posted by Taddi at 15:08| Comment(0) | HSP忘備録